防水工事

ウレタン防水

ウレタンゴム系塗膜防水は、液体状のウレタン樹脂を塗り付けて、塗布した材料が固まると、ゴム状で弾性のある一体性のある防水膜が出来上がります。
液体状の材料を使って現場で仕上げる工法なので、複雑な形状をした場所でも継ぎ目のない水密性が高い連続皮膜が得られ、完全な防水膜を加工できます。

ゴムシート防水

ゴムシート防水は、シート状に成形した合成ゴム系の防水シートを、接着剤などで下地に貼り付ける防水工法。
シートそのものは安定した分子構造を持ち、ゴムのため伸縮性が高く、耐候性にも優れますが、シート同士の接着は接着剤と粘着テープによるので、溶融一体化しないという特徴があります。
また厚みが薄いのでやや損傷しやすいのも特徴です。
工法には接着工法と、機械的固定工法があります。
※接着工法・・・ 下地およびシートの裏面に接着剤を塗り張り付ける工法。
接着材の劣化によって、シート相互の重ね部分から水が浸入する事例があります。
防水層は非歩行用で、ALCパネル下地に対してよく施工されてます

※機械的固定工法・・・ 下地に緩衝材を介し、鋼板・ビス等により、防水層を機械的に固定する工法です。
下地の乾燥不良や下地の動きに対する適応性に優れた工法です。
防水層は非歩行用で、下地の種類はコンクリートあるいはPCa部材に限定されます。

塩化ビニル系シート防水

塩ビシート防水工事とは、塩化ビニール樹脂で作られた防水シートを接着剤などで下地に貼り付ける工法。
シートを接着剤で貼るだけなので施工性に優れており、複雑な形状や狭い場所でシート同士のジョイントがたくさん発生した場合でも、シート同士を熱風で溶かして一体化できます。
既存の下地があっても、下地調整がほとんど必要ありません。
工法には接着工法と機械的固定工法がます。
※接着工法・・・ 下地およびシートの裏面に接着剤を塗り張り付ける工法。 接着材の劣化によって、シート相互の重ね部分から水が浸入する事例があります。
防水層は非歩行用で、ALCパネル下地に対してよく施工されてます。

※機械的固定工法・・・ 下地に緩衝材を介し、鋼板・ビス等により、防水層を機械的に固定する工法です。 下地の乾燥不良や下地の動きに対する適応性に
優れた工法です。防水層は非歩行用で、下地の種類はコンクリートあるいはPCa部材に限定されます。

FRP防水

FRP(ガラス繊維強化プラスチック)防水は、防水用ポリエステル樹脂と防水用ガラスマットでつくられた防水層です。
ポリエステル樹脂を塗布した上にガラスマットを張り付け、その上からポリエステル樹脂を合浸させて硬化させた後、さらに所定量のポリエステル樹脂を塗布して防水層をつくる工法です。
その防水層は軽量かつ強靭で、耐水・耐食・耐候性に優れていることが特長です。
軽量強靭であり、保護層が不要で、直接露出防水として施工できます。重歩行や車両走行にも耐えられます。

アスファルト防水

アスファルト防水とは、合成繊維不織布にアスファルトを含ませコーティングした、シート状のルーフィングを貼り重ねて形成する工法。ルーフィングを積層することにより、水密性に優れた防水層が構成されます。
工法には熱工法とトーチ工法、常温工法があります。
※熱工法・・・ アスファルト溶融釜で220℃~270℃に溶融した防水工事用アスファルトを使用し、ルーフィングシート複数枚を交互に積層して防水層を作る工法
※トーチ工法・・・ 改質アスファルトルーフィングシートの裏面と下地を、トーチバーナーであぶり溶かしながら張り付け、あるいは張り重ねる工法
※常温工法・・・ ゴムアスファルト粘着層を裏面にコーティングした改質アスファルトルーフィングシート複数枚を交互に積層して張り合わせる工法。
冷工法とも呼ばれてます。

エポキシ樹脂注入工法

エポキシ樹脂系注入材とアンカーピンを併用して、下地コンクリートと仕上げモルタルの接着を行い、剥離・剥落を防止する工法。
(C) Sanko inc.