躯体補修について

躯体補修

躯体補修 躯体補修
ビルやマンションなどの建物は、鉄筋とコンクリートで作られています。
コンクリートは、長期にわたり膨張と収縮を繰り返し、ひび割れなどを起こすようになります。
さらに、そこから雨水が浸入し内部の鉄筋が腐食していきます。
そのまま放置すると、錆びた鉄筋が膨張し、コンクリートを押し出すいわゆる「浮き」の状態になり、崩落事故が起きる事があります。
このようなことを避けるには、定期的に点検し、コンクリートのヒビ、鉄筋の亀裂、欠損、浮き等を早めに修繕を行わなければなりません。
躯体補修は、建物の寿命を左右するもっとも重要な工事です。
※躯体とは… 床や壁、梁など建物の骨組み、構造体のこと。強度にかかわる部分。
(C) Sanko inc.