良い業者の見分け方5つのポイント

大規模修繕工事出前講座

POINT1

気配りの細やかさと管理組合視点

マンションは1棟ごとに全く環境や歴史が異なります。管理組合のニーズも一つとして同じものはありません。
きちんとお客様のニーズを理解し、適切な提案をしようとしているか、その姿勢こそ大切です。
お客様のマンションを我が家と同じ気持ちで見てくれる会社が理想です。

POINT2

見積合わせの会社数は多すぎずに

業者選びで一番大事なのは吟味することです。
そのため、あまり多くの業者を同時に比較しようとすると、表面上の比較に終わってしまいます。
肝心のポイントまで鋭く切り込むことが大切。最大で5社程度に絞ってヒアリングしましょう。

POINT3

安さだけを決め手にしない

安さだけで選ぶのは大問題です。
<理由その1>
「どこでもやることは一緒」は間違い、工事品質には大きな差があります。
<理由その2> 受注したいばかりに無理な価格を提示する会社は品質を犠牲にしたり、「終わったら、はいさようなら」のケースが多いのです。
しかし高い料金であるから品質も良いと言い切れないのが難しいところ。
品質と価格のバランスがとれていることを重視しましょう。

POINT4

トラブルと余分なコストはここで起きる!

工事の契約者と実際の施工が異なることが多い業界です。
中間業者が入ればコストが高くなるのは当然ですが、更に問題なのはコストの内訳が不透明だったり、管理組合の要望が工事会社に届きにくかったりすることです。

POINT5

「工事提案書」に会社の姿勢が現われています。

マンションを事前調査した後に提出される工事の提案書。
ここにこそ良い業者を見分ける大きなヒントがあります。
何故なら、きちんと提案していくのは大きな手間がかかるため、適当に済ます業者が多いのです。
提案がいい加減ではしっかりした工事は期待できません。
きちんと管理組合のマンションの実情を踏まえた、価値のある提案がなされているかチェックしましょう。
また、提案の理由も含めて納得がいくように質問しましょう。
(C) Sanko inc.